ブログ

お湯の注ぎ方により味に違いがでてくる「ドリップ式」

ドリップは一般的ですね。
コーヒー屋さんでドリップコーヒーを注文すると、お湯をそそぐ時、手を回しながら淹れているのを見るのが楽しいです。

ドリップ式
布または濾紙を使ってろ過しながらコーヒーを抽出します。

ペーパードリップ式

紙製のフィルターをドリッパー、種類によってはマグカップにセットしてお湯を注ぐだけ。
初めての人でも簡単にでき、フィルターは使い捨てタイプなので、楽&手入れ不要。

ネルドリップ式

布ドリップともいいます。「ネルフィルター」を使って湯を注ぎます。
コーヒーに含まれる雑味を通さずしっかりと「ろ過」ができる為、雑味のない、とてもマイルドなコーヒーに仕上がります。
繰り返し使える為、経済的です。

ただし、洗いにくい・しっかり洗わないと目詰まりしてイヤな臭いが発生してしまうなどの短所があります。

感想

あちらを立たたせるとこちらが立たず・・・という塩梅ですね。
ドリップで飲む場合、手入れが面倒と思う方は「ペーパードリップ」を、面倒でもいいからおいしい珈琲を飲みたい方は「ネルドリップ」をどうぞ。

P.S.ちなみに私はドリップやサンフォンより後日ご紹介する「プレス」の方が好きです。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る