ブログ

光が当たらないようにして保存しよう

おいしく飲む為には保存方法が大切です。
保存方法といっても、量・温度・湿度・採光・消費期間の目安 等々色々あげれますが、これだけあると混乱してしまいそうです。

そして、それを一気にできるかといえばすぐには無理ですね。
という訳でできそうなことからご紹介していきます

どうせ買うならお得な方を買ったけど、時が経つにつれ味が落ちていく
・・・そんなことを体験したことはありませんか?

袋をあけたその時から味・匂いが劣化していきます。

少量なら気にならないうちに飲みきってしまうことでしょう。
「量がある」「めったに飲まない」など、飲みきるのにどうしても時間がかかる、「でも味を落としたくない」の二律背反。そんな思いをしたことありませんか?

以前は保存容器と場所について説明しました。
今回は「採光」についてご紹介します。

光を当てるとどうなるのか

傷みやすくなります。
特に直射日光(紫外線)は厳禁です。

食糧でも「冷所」に保存とかってよく聞きますよね?
つまり、コーヒーも同じですネ!

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る