ブログ

焙煎後はすぐ真空パックで保存できない

袋がコーヒーにピッチリと張り付いたコーヒー豆の商品を見かけたことはありませんか?
焙煎後、5-10日位は豆の表面より炭酸ガスを放出し続けています。
この新しい豆を真空パックすると、ガスの膨張で袋がパンパンに膨らんでしまいます。場合によっては破れてしまいます。

焙煎したての豆を真空パックすることは、実は非常に難しいということですね。

そのため真空パックにする場合は、焙煎後24時間以上経過させて袋詰めするのが一般的です。

2015.7.6追記
今は余分なガスだけを出す穴空きの専用袋がある様です。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る