ブログ

豆の風味がしっかりとでてくる「プレス式」

コーヒープレスcafemitteにて

一人前=1.5杯・・・何かを思い出しませんか?紅茶の一人前の量ですね。
そのルールはプレス式のコーヒー(呼称:コーヒープレス)にもあてはまります。

私は今行きつけの店で初めて「プレス」を知りました。

プレス
フレンチプレスとも言われ20年以上の歴史をもつ。
コーヒーオイルの抽出に優れており、誰でも比較的おいしいコーヒーを淹れることができる。
ただし豆の質に味が左右されるなどの欠点もある。
専用の器具を使う。

プレスコーヒー@cafe mitteにて

特徴

コーヒー豆のもつ風味や香り(良し悪し含む)が味にしっかりと反映されます。
コーヒーオイルが残るので、コーヒーオイル特有のコクや甘みが味わえます
珈琲豆がお湯に完全につかります。
挽いた豆を淹れ、お湯を注いで待つだけで抽出が簡単なので技術いらずで簡単です。

欠点

風味がそのまま出る分、アク・不純物・エグミなどもそのまま出る為、プレスに使う豆の品質に注意する必要があります。
(良質な珈琲豆を使って下さい。)
コーヒーが全体に粉っぽくなります。

感想

ドリップとプレスの飲み比べをやってみたけど、味はプレスの方が上でした。コクもまろやかさもUPしましたね♪
(お気に入りの店ミッテで飲みましたよ。もちろん同じ種類の豆です。)
最後の数滴はコクがさらに増し、飲むのがいつも楽しみです。最後まで1滴もでなくなるまで絞りつくして飲んでおります。

P.S.cafe mitteでホットコーヒーを頼む場合はいつも「プレス」で頼んでおります。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る