ブログ

コスタリカ マチョ-爽やかな甘い香りとチェリーパイのような甘さが特徴の豆

豆の種類はとりあえず飲んだことのあるものからご紹介します。
今回は、カフェ・ミッテの今年(2013年)の2月のモナートコーヒーをご紹介!!
追記.2014年6月もモナートコーヒーとして販売しました。

コスタリカ共和国 南西 タラス地区 マチョ農園

特徴

標高2000m近い山岳地帯の急斜面で栽培されるため
寒暖の差が激しく 豆が引き締まり 雑味のないクリアな味に仕上がり、COEの常連地区となっています。
(COE=カップ・オブ・エクセレンス コーヒー生産国で毎年行われる品評会)

爽やかな甘い香りとチェリーやオプラムのような甘さと酸味が特徴のコーヒーです。

感想等

飲んだのだけど、これもまた感想が思い出せない。この月はモナートよりスペシャルの方が好きでそちらばかり飲んでいたからなのかな?
うん、日記を読み返してもスペシャルしか書いていなかったよ、ごめんなさい…。

追記. 2014.6.2
 母が今まで飲んだ珈琲の中で一番のお気に入りだそうです。
フルーティーな酸味を感じる豆でした。
私はハニー製法の甘味のある豆が好きなので、嫌いでもないけど(好きか嫌いかといわれれば好きな方)大好きでもない。
でもこれからの季節は暑いので、アイスにするにはちょうどいいかも。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る