ブログ

コスタリカ サンタルシア ブラックハニー-ハニー製法で一番ヌメリを残して作る豆

カフェ・ミッテの今月-4月のコーヒー(モナートコーヒー)をご紹介!!

中央アメリカ・コスタリカ共和国 中部 ウェストバレー地区 サンタルシア農園産。
2013年 COE(カップ オブ エクセレンス)受賞豆

特徴

アプリコットのような爽やかな香り、レッドグレープのようなジューシーな甘さ、シルクのような口あたり、
クリアな後味を活かした味わいが特徴のコーヒー豆です。
 
優秀なスペシャルティコーヒーを生産することで有名な農場ですが、この豆の特徴は「ブラックハニー製法」。
コーヒーチェリーの種(豆)の周りについている粘り(ミューシレージ)を残して乾燥させる
ハニー製法のうち、もっともミューシレージを残した製法がブラックハニーです。

感想等

味わいさわやかというか、スッキリしすぎで飲みやすいけど、コクが足りないと感じる人もいるかもしれません。
私は飲みやすい方が好きなので、このお豆好きですよ。

ハニー製法で作られた豆は私にとってかなり飲みやすくて好きです。
これで、イエローハニー、レッドハニー、ブラックハニーとハニー製法は制覇できたかな。

ハニー製法についてはここをクリック

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る