ブログ

コロンビア ラ・プリマベーラ パライソ-フルーティーな香りと甘みのある豆

カフェ・ミッテの今月-2015年3月からのスペシャルコーヒーをご紹介!!

モナートは以前飲んだことある「パナマ・ドンペペ」の製法違いでした。
前の方がおいしかった!粘液質あった方が好みだ!!

コロンビア共和国 南部 ウィラ県 サンアグスチン地区 パライソ農園産

特徴

この地域は マグダレナ川源流、アンデス山脈と渓谷に囲まれた緑豊かな地域で、昔から高品質なコロンビアコーヒーの産地として有名です。

このマイクロロットはスペイン語で「春」のイメージでラ・プリマベーラと名付けられました。
イメージの通り1年中、日本の春のような気候で昼夜の寒暖差と標高1850mという
恵まれた環境が完熟したチェリーの甘味を引き出しています。

また、精製はコロンビアの伝統的な手法を取り入れています。
ミューシレージ(粘着質)を残したまま発酵工程を行うことで、
チェリーの甘味を最大限に活かしています。

そこから生まれる、フルーティーな香りと甘みのある滑らかなボディを体感できるコーヒーです。

感想等

さっぱりとフルーティーなコーヒーですね。
苦みはなくブラックでもいけます。酸味はフルーティーだけあってちょっと強いかな~?

関連記事

最新の記事

  1. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
  2. 最近チマチマとインスタに投稿しております。
ページ上部へ戻る