ブログ

一般的で味が安定する「半熱風焙煎」

熱風式のドラムの真下に熱源があるものをいいます。
熱源の位置は直火式と同様ですが、できた熱風を取り込む方式が熱風式と同様であることから、半熱風式と呼ばれています。

火に豆を直接あてることはしません。

熱風と器(ドラム)の加熱熱をあて、あぶりあげる焙煎方式

熱コントロールのしやすさを兼ね揃えているため、小型~中型の焙煎機に採用されることが多い。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る