ブログ

コーヒーの苦みの正体はカフェインではない

コーヒー豆

苦い=カフェインと思っている人がいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
(一部は合っているのだけど・・・。)
カフェインは苦み成分の10%しか占めておりませんよ!!
驚きの割合ですね☆

なんでこんな勘違いしてしまったのだろうか?

× 眠気覚ましにコーヒー=カフェインが効く=苦みはカフェイン?

カフェイン以外の苦み要素は「褐色色素」です!

コーヒー豆を焙煎する前の生豆は黄緑色ですね。
生豆を焙煎するにつれて茶色くなっていきます。つまりは焦げる!
このように色を変化させるものが褐色色素です。

焦げるとなんでも苦くなるよね★

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る