ブログ

ベトナム、コーヒー生産2割減予測 天候不順に老木化

焙煎した豆と麻袋

10月1日はコーヒーの日です。
まもなく10/1です。なのに暗い記事を発見してしまった。

 ベトナムはコーヒー豆の生産量が減少する見通しだ。同国コーヒー・カカオ協会(Vicofa)は、2015年10月から始まる次のコーヒー年度の生産量が前年度比で20%減少すると予測する。天候不順やコーヒーの木の老齢化が進み生産性が落ちていることが主な要因だ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。…

ベトナム、コーヒー生産2割減予測 天候不順に老木化
SankeiBiz 2015.9.28配信

コーヒー豆は円安による値上げ、天災やコーヒーの病気による生産量の減少、・・・それに加えてベトナムでも前年度比で20%減少ですか。

最大の生産国ブラジルはまだまだ災害が尾を引いており、そして第2生産国のベトナムまでも生産量が減少、そして発展途上国の需要の増加。
需要と供給のアンバランスはまだまだ続きそうです。

どんどん高くなっていくコーヒー豆…。
いつ落ちつくのかな?

ちなみに生産国第3位はコロンビアです。

関連記事

最新の記事

  1. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
  2. 最近チマチマとインスタに投稿しております。
ページ上部へ戻る