ブログ

ミラノ大聖堂の目の前にヤシやバナナの木、スタバ後援企画に反発

ミラノ大聖堂

ミラノ大聖堂の目の前にヤシやバナナの木、スタバ後援企画に反発

イタリア北部ミラノ(Milan)が誇る歴史的建造物のミラノ大聖堂(ドゥオモ、Duomo)の目の前に外来種のヤシの木が突然出現し、反発を招いている。

AFPBB News 2017年2月17日発信(発信地:ローマ/イタリア)

第一陣がヤシの木42本?そしてバナナの木も植える予定!?
思いっきり歴史的な景観が損ねられるプロジェクトを何故やった、米スタバ!!

いやがらせにしか思えないのは何故、それともこれがアメリカの感性なのか。
それともこのプロジェクトで人気をあげたいからなのか?
逆効果にしか思えないけど、イタリアに住んでいるイタリア人以外の反応はどうなんだろう。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る