ブログ

スペシャルティコーヒーとは

分かりやすく言えば「生産(環境含む)から味まですばらしい、かつ消費者がおいしいと評価したコーヒー」のことです。
つまり、厳選されぬいた豆ということですね。

高ランクのものはさすがに手が出せませんが、ある程度のものなら飲むことができますね。
(いきつけの店-ミッテはもちろん取り扱ってますよ。)

日本スペシャルティコーヒー協会なんて組織もある様ですね。
定義は完全にはまだ決まっていない様ですが、大まかな所はビシッとおさえてありましたね。

スペシャルティコーヒーとは

「素晴らしい風味特性」をもったコーヒーとされています。
ですが、味・香りだけではなく、コーヒー豆をとりまく環境、生産の段階からはじまり、全ての段階にこだわり、徹底管理したものこそ、スペシャルティコーヒーといえるのです。

カップに液体を淹れる段階まで評価されますよ!!

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る