ブログ

コーヒーの漢字「珈琲」の由来は

コーヒーと漢字

コーヒーの漢字は元はといえば当て字です。
現在は「珈琲」が一般的ですが、当初はいろんな漢字があてられていた。

「コーヒー」はオランダ語?

日本語の「コーヒー」は、江戸時代にオランダからもたらされた際の、オランダ語: koffie (コーフィー)に由来する。

「珈琲」はだれが考えた?

江戸時代後期の津山藩医で蘭学者(オランダ学者)-宇田川榕菴が考案した。
蘭和対訳辞典で使用したのが、最初であると言われている。

この漢字の由来は?

花かんざし。
コーヒーの木の枝に実った赤い実の様子が、「かんざし」に似ていることから。
 
珈…髪に挿す花かんざし
琲…かんざしの玉をつなぐ紐

他の漢字はどんなものがあったの?

可否、架非、加非、哥非、咖啡、骨非、骨喜

英語だと「coffee」と書いてカフィ、カフィー(コとカの中間)と読むからコ・ヒ以外にカヒとかありますね。
伸ばす部分は漢字で表すことができないためそれは省略と。
色々当て字があったんですね。
 
ちなみに日本で初めて誕生した喫茶店の名前は「可否茶館」でした。
東京下谷に1888年(明治21年)4月13日オープンしました。

関連記事

最新の記事

  1. アイスコーヒーとチョコ
    コーヒーにはまって、いろいろな店でコーヒーを飲みました。そして9割以上のお店が直火焙煎です。
  2. コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続一般社団法人全日本コーヒー協会は15日...
ページ上部へ戻る